1日の運動時間はコレくらい!|3週間で5Kg痩せるダイエットライフログ

やりすぎると続かない。
ダイエットは継続してなんぼ。
そういうことなら無理しすぎない運動時間を設定してみた。
実際にこの時間の運動で5Kg痩せられるので、体感して欲しい。

ジムに通い始めてからの運動頻度

ジム入会時

ジムに入会した時は、
「1日1時間」を上限に設定した。

さらに週4、5日を上限にし、週3日通えれば良いだろう。
そう見積もった。

そもそもこの時点で何キロ痩せられるかは考えていなかったし、5Kg痩せられるとも思っていなかった。

ジムに通い始めて1週間

最初の1週目。
週4日ほど試し試しではあるがジムのクラスに参加した。

インターバルトレーニングを中心に色々参加。
参加している時間は体力的に厳しいが、1日1時間なので乗り越えられた。

ジムに通い始めて2週目

1週間が経ち、2週目を迎えると少しずつ欲が出てくる。
ジムのクラスに参加した後に弱点と感じていた膝周りの筋肉を鍛えようと自主練に励み始めた。

ジムに入会する前はランニングをする日々。
太ってからは膝が痛くなってきた。
ということで自主練を取り組み始めたわけだ。

2週目の欲求

もう少し身体を動かしたい、痩せたいという欲が出始めたのが2週目だ。
1週目のキツさにも身体が慣れ、そうした意思が前面に出始めた。

結果、2週目には「1日1時間」の上限は撤廃された。
早くも次なる設定を「1日2時間」の上限とした。

それでもオーバーワークは厳禁と自身に言い聞かせ。
週3、4日の運動で留めた。

ジムに通い始めて3週目

インターバルトレーニングでは負荷を少しずつ重めにかけ、
スピード感ある身体の動きができるようになってきた。

1日の運動時間量を増やしたいという欲も出てこない。
今がちょうど良い。

適切な時間配分

リモートワークの有無は大きい

出勤している人、していない人。
コロナ禍における働き方は三者三様。
仕事の数だけ、働き方があるため、ダイエットのスタイルもそれぞれである。

それでも通勤時間が減った分、運動に充てられたのは大きかった。
ただ、自分が時間の使い方が下手だっただけでもあるが・・・。

働き方に合わせて運動しよう

朝9時から夕方17時までのお仕事を行なっていて、キッチリ机の前に座っている人。
こうした働き方の人が大勢だと思う。

もちろん、運動の仕方は同じ。
1日2時間、出勤前と退勤後に身体を動かすだけだ。

ジムの時間は死守した

ジムで身体動かすことで仕事も上手くいく。
痩せたら生活の質も良くなると言い聞かせた。

そのためにもジムの時間は死守しよう。

1日10時間前後を仕事に使う。
1日3時間家事に使う。
1日7時間睡眠に使う。
1日1時間セルフケアに使う。
1日2時間ジムに使う。
1日1時間無駄に使う。

結果的に5Kg痩せるために確保した時間

最初は助走期間だ

身体をトレーニングに慣らしていく期間だ。
1日1時間で良かったと思っている。

それ以上は身体のどこかを痛めていたかもしれない。
怪我をしては元も子もない。
そう考えると無理をせずスタートして良かった。

スタートダッシュは禁物だ。

2週間はハードワーク

ハードワークといっても1日2時間だ。
しかも週3、4日。

実際にはハードワークと感じていない。
この運動で5Kg痩せたのだ。

おそらく読んでいる方も痩せられるのではないか。
まずは1日1時間、身体を動かすことが大切だろう。

この記事を書いた人